CASIO WORLD OPEN INTERNATIONAL TOUR

見どころ

HIGHLIGHT

見どころ

HIGHLIGHT

賞金総額2億円、優勝賞金4,000万円という日本屈指のビッグトーナメントが今年も高知県安芸郡にあるKochi黒潮カントリークラブで開催される。今大会には賞金王争いとシード権争いの2つの見どころがある。南国・土佐で今年も熱い戦いが繰り広げられる!

 1981年の第1回大会から数え、今年で39回目を迎える今大会は日本を代表する歴史あるトーナメントだ。歴代チャンピオンにはベルンハルト・ランガーやラリー・マイズ、青木功、松山英樹ら錚々たる面々が名を連ねており、この大会で勝つことを目標にしている選手も多い。

注目は、毎年、シーズン土壇場に行われるためここで賞金王が確定する可能性が高いこと。近年では2013年の松山英樹。当時21歳でルーキーイヤーだった松山は、池田勇太とのデッドヒートを繰り広げ優勝し、史上初のルーキー賞金王に輝いて世界への扉を開いた。

 翌週にはゴルフ日本シリーズJTカップがあるものの、出場選手が限定されるため今大会が事実上の最終戦と言っていい。そうなると注目なのが大詰めを迎える賞金王争いだ。優勝賞金が4,000万円と大きいだけに、賞金レースに大きな影響を与えることは間違いない。この大会で賞金王が決定する可能性もあり、初日から目が離せない戦いが予想される。

 今大会の最大の注目は石川遼だ。今シーズンは「日本プロゴルフ選手権大会」、「長嶋茂雄INVITATIONALセガサミーカップ」で優勝するなど、強い石川が戻ってきた。完全復活を印象づけるには賞金王のタイトルは是が非でも欲しいところだ。また今大会、石川はホストプロとしての重責も担っている。優勝こそないものの、2009年、2015年、2017年と3度の2位があり、コースとの相性はいい。賞金レースが佳境になる中でどのようなプレーを見せてくれるのか注目したい。また石川のほかにも2年連続賞金王を狙う今平周吾や、星野陸也ら次世代を担う若手選手たちがビッグマネーを目指す。

 舞台となるKochi黒潮カントリークラブは太平洋に面した風光明媚なコースで、広々としたロケーションが特徴。ただ、海風の影響をダイレクトに受けるため番手選びがその日で大きく変わる難しさがある。また、今年は16番ホールが改修されて、終盤にドラマが起こる演出がなされている。既存の16番ホール(パー4)はグリーン手前に池が横切っているが、最終日はティグランドを前に出すことで1オン可能なパー4へと変貌。16番を含めた終盤でスコアが大きく動くことは必至。心技体に加えて智力を求められるコースで、選手たちが躍動する姿を是非目にしてもらいたい。

カシオワールドオープンへの道2019

カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年9月28日
カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年10月12日
カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年10月19日
カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年10月26日
カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年11月2日
カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年11月9日
カシオワールドオープンへの道2019
放送日:2019年11月16日