CASIO WORLD OPEN INTERNATIONAL TOUR

ホストプロ石川遼(CASIO所属)

PLAYBACK

ホストプロ石川遼(CASIO所属)

PLAYBACK

RYO ISHIKAWA BIOGRAPHY

2007年の「マンシングウェアオープンKSBカップ」で史上最年少となる15歳でツアー優勝を達成。
翌年の1月に高校在学中ながら16歳でプロ転向を宣言。同年11月の「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ初優勝を飾り、初年度で賞金ランキング5位に入るなどの活躍で史上最年少での1億円プレーヤーに輝く。愛称の“ハニカミ王子”が起こした旋風は社会現象にもなった。

2009年には「マスターズ」をはじめ海外メジャー3試合に出場し、国内では年間4勝を挙げ、1億8000万円を超える賞金を獲得し、史上最年少での賞金王に輝いた。

2010年「中日クラウンズ」では「58」をマークし、世界最少ストロークのギネス記録にもなった。

2016年は腰痛により5カ月間の長期離脱を強いられたが、復帰2戦目の日本ツアーで優勝。

2018年からは史上最年少の男子ツアー選手会長として国内ツアーを牽引。

2019年は自身3度目の完全優勝、自身初となる2試合連続優勝などの活躍を見せる。

2020-21年シーズンは新たなスイングに取り組みながらのラウンドとなり、優勝こそ無いものの徐々にその成果が出始めている。

生年月日 1991年09月17日
出身地 埼玉県
身長 175.0cm
体重 70.0kg
出身校 杉並学院高
通算勝利 日本16勝
(国内メジャー2勝)

数字で見る石川遼とカシオワールドオープン 今年は12度目の出場 RYO ISHIKAWA IN NUMBERS AT CASIO WORLD OPEN.

数字で見る石川遼とカシオワールドオープン 今年は12度目の出場 RYO ISHIKAWA IN NUMBERS AT CASIO WORLD OPEN.

カシオワールドオープンと石川遼の相性

各シーズンの石川遼の平均ストロークと、カシオワールドオープンの平均ストロークを比較。過去11大会予選落ちは0回。1ラウンドの平均ストローク60台を6回出すなど得意のコースと言える。

グラフ

※4Rのアベレージは決勝に残ったときのみ※1R平均は予選落ち含む※平均はカシオワールドオープン含む

グラフ2

石川遼は、2008年から2015年までと2017年から2019年の過去11回出場している。
最高順位は2009年、2015年、2017年の2位。今年はどのような結果が待ち受けているだろうか。

RANK 過去最高位2位 BEST SCORE ベストスコア270

RANK 過去最高位2位 BEST SCORE ベストスコア270