CASIO WORLD OPEN INTERNATIONAL TOUR

チケット情報はこちら

ホストプロ石川遼(CASIO所属)

PLAYBACK

ホストプロ石川遼(CASIO所属)

PLAYBACK

RYO ISHIKAWA BIOGRAPHY

2007年の「マンシングウェアオープンKSBカップ」で史上最年少となる15歳でツアー優勝を達成。
翌年の1月に高校在学中ながら16歳でプロ転向を宣言。 同年11月の「マイナビABCチャンピオンシップ」でプロ初優勝を飾り、初年度で賞金ランキング5位に入るなどの活躍で史上最年少での1億円プレーヤーに輝く。 愛称の“ハニカミ王子”が起こした旋風は社会現象にもなった。

2009年には「マスターズ」をはじめ海外メジャー3試合に出場し、
国内では年間4勝を挙げ、1億8000万円を超える賞金を獲得し、史上最年少での賞金王に輝いた。

2010年「中日クラウンズ」では「58」をマークし、世界最少ストロークのギネス記録にもなった。

2016年は腰痛により5カ月間の長期離脱を強いられたが、復帰2戦目の日本ツアーで優勝。

2018年からは史上最年少の男子ツアー選手会長として国内ツアーを牽引。

2019年は自身3度目の完全優勝、自身初となる2試合連続優勝などの活躍を見せる。

生年月日 1991年09月17日
出身地 埼玉県
身長 175.0cm
体重 70.0kg
出身校 杉並学院高
通算勝利 日本16勝
(国内メジャー2勝)

数字で見る石川遼とカシオワールドオープン 今年は10度目の出場 in numbers RYO ISHIKAWA ON CWO.

数字で見る石川遼とカシオワールドオープン 今年は11度目の出場 in numbers RYO ISHIKAWA ON CWO.

カシオワールドオープンと石川遼の相性

各シーズンの石川遼の平均ストローク(1ラウンド・4ラウンド)と、カシオワールドオープンの平均ストロークを比較。過去10大会予選落ちは0回。1ラウンドの平均ストローク60台を5回出すなど得意のコースと言える。

グラフ

※4Rのアベレージは決勝に残ったときのみ※1R平均は予選落ち含む※平均はカシオワールドオープン含む

グラフ2

石川遼は、2008年から2015年までと2017年、2018年の過去10回出場している。
最高順位は2009年、2015年、2017年の2位。今年はどのような結果が待ち受けているだろうか。

RUNK 過去最高位2位 BEST SCORE ベストスコア270

RUNK 過去最高位2位 BEST SCORE ベストスコア270

石川遼 CWOでの過去の通算スタッツ

大会通算

石川遼と歴代優勝者の
平均部門別データ比較

石川遼の過去出場9回のうち、最も平均パット数が少なかったのは2009年の30.00で歴代優勝者の中では、2016年優勝の池田勇太の28.22であった。また、最も優勝に近づいた2015年大会のFWキープ率は過去最悪の39.29%。高いリカバリー率が石川遼のゴルフを支えているのか。 2012年優勝の黄重坤(18Hで2回)、2011年優勝の高山忠洋(10H、18H)は4日間で、イーグルを2つ叩き出している。また、歴代優勝者のバーディ数は17個以上。石川遼は出場8回中、2009年・2011年・2015年・2017年で、17個以上のバーディを出している。

石川遼の過去出場9回のうち、最も平均パット数が少なかったのは2009年の30.00で歴代優勝者の中では、2016年優勝の池田勇太の28.22であった。また、最も優勝に近づいた2015年大会のFWキープ率は過去最悪の39.29%。高いリカバリー率が石川遼のゴルフを支えているのか。

2012年優勝の黄重坤(18Hで2回)、2011年優勝の高山忠洋(10H、18H)は4日間で、イーグルを2つ叩き出している。また、歴代優勝者のバーディ数は17個以上。石川遼は出場8回中、2009年・2011年・2015年・2017年で、17個以上のバーディを出している。

ドライビングディスタンス 石川遼284.37 歴代優勝者277.92
ドライビングディスタンス 石川遼284.37 歴代優勝者277.92
トータルドライビング 石川遼56.22 歴代優勝者42.35
トータルドライビング 石川遼56.22 歴代優勝者42.35

トータルドライビングは、ドライビングディスタンスとFWキープ率をポイント換算したもので、まさに「飛んで曲がらない球」を打っていることを証明する難易度の高い指標である。(※トータルドライビングはポイントが低いほど飛んで曲がらない球を打っていることを表す
飛距離を比較すると石川遼が285.12ヤードと歴代優勝者を上回っているが、トータルドライビングを見ればその差は歴然。
この安定したドライビングこそが優勝に繋がるカギなのかもしれない。
歴代優勝者の中では、2011年優勝の高山忠洋の20ポイントが最も良い数値であった。

通算獲得賞金ランキング
MONEY LEADERS

カシオワールドオープンの通算獲得賞金ランキングでは石川遼は¥74,973,333で8位!
他のプレーヤーの順位にもよるが今年の大会で優勝すると一気に1位になる可能性も!

11回目の出場となるCASIO所属 石川遼への応援メッセージを募集します。
皆さまの熱いメッセージをお送りください!

※投稿されたメッセージは本サイトで紹介させていただく可能性がございます。

メッセージを送る

皆様の
応援メッセージ
公開中!!

練習をしっかりやって日本のGOLFを引っ張ってください。GOOD LUCK
GG GOLF さん 男性
今回の 2連続の優勝本当におめでとうございますやはり復活と言うより強い遼君にジャンプアップしてるんですね辛い気持ちを抑えながらも四日間完全優勝と言う素晴らしい業績に感服いたしました。 まだまだこれからの伸びしろのある選手です。オリンピックにはぜひ出場の資格を手にしてください。
クーパーさん 女性
遼くん 優勝おめでとう遼君くんと遼くんを支えてくれる大勢の人たちが一生懸命頑張ったんだよね。 トーナメントに行くと遼くんの細かな気配りや日が暮れるまで練習をしている姿も何度も見てきたよ少しずつ加速しながらジェット気流にのって本来貴方のいる場所に戻って下さいね^_^ マスターズでの一戦を楽しみに待っています。
やっしゃん さん 男性
2試合連続優勝おめでとうございます。 強い遼君が帰ってきました。 後半戦も頑張ってください。 遼君が15歳の時からのファンより
けいたんさん 女性
いつも遼君の活躍に期待!男子プロ大会の人気を盛り上げてください。
ちょこ さん 男性
石川選手のファンを大切にする姿勢にいつもおどろかされます。ラウンド後のギャラリーに遅くまでサインをする姿を見て、彼ならば必ずや頂点にのぼりつめると思います。日本のゴルフ界をこれからも、よろしくお願い致します。いつまでも応援しています。
やっしゃん さん 男性
待ってました!アスリートは強くて、そして見せるスポーツ。遼君はいつもカッコいいし、もっともっと強くなると思う。頑張って下さい。感動をありがとう!
ことぶき さん 女性
遼君ビッグタイトル取りましたね、おめでとうございます、長い間苦しかったけど頑張って辛抱して大変だったと思います、乗り越えた遼君は素晴らしいです、一段と強くなった遼君これからも上を向いてファイトです。 ずっとずっと応援しています。
どど さん 女性
思いっきりのスイングで納得の笑顔が見られることを期待しています!楽しんで頑張って下さいね
みっちゃん さん 女性